「民主党不況」を生き抜く経済学

著:森永卓郎

950円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    民主党内の「クーデター」によって、かつて小沢一郎氏の考えをもとにまとめられた政策マニフェストは、完全に破棄されつつある。今の民主党は、もはや昔の民主党ではない。高速道路料金は無料化どころか実質的に値上げされる見込みで、ついこの間まで政策の目玉として主張していた「子ども手当」も、満額支給を見送る発言が飛び出すなど、国民が総選挙で選んだ党とは完全に変質してしまっている。「われわれが望んでもいない政策に選挙後、勝手に方向転換するのは卑怯ではないか」と著者はいう。では、民主党はどこへ向かおうとしているのか。現在の民主党が目指しているのは、何と自民党の小泉政権時代の「構造改革」だという。これでは元の木阿弥で、政権交代の意味は何だったのか。構造改革のいちばんの特徴は「大企業と金持ちを優遇すること」で、そのしわ寄せは確実に庶民の生活へ向かう。あなたの人生を守るために、いまこそ真実を知らなければならない。

    続きを読む

    レビュー

    2
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/05/11Posted by ブクログ

      民主党→アメリカと大企業への向き合うスタンスが不明確
      アメリカと戦争する可能性は中国のみ→海兵隊は沖縄へ残す

      長銀の経営陣逮捕→民事では無罪→国策捜査

      2009年8月30日衆議院選挙 民主圧勝
      ...

      続きを読む
    • 2011/11/24Posted by ブクログ

      今回の参議議員選挙はワールドカップの陰に隠れて静かに終わってしまったようです(?)が、昨年8月の圧勝とはうって変わって、民主党の惨敗のようでした。

      といっても自民党が過半数を取り返したわけでもなく...

      続きを読む
    • 2011/01/16Posted by ブクログ

      一番の望ましいのは緩やかなインフレ状態が継続することである。それは経済が安定的に成長しているという証であり、デフレは経済にとっては異常な事態といえる。
      長引く不況の原因は、
      ○デフレを容認し、資金供給...

      続きを読む

    セーフモード