国民の選択 勝間の視点 「先の見えない時代」を読む、変える

著:勝間和代

950円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    私が世界を訪問して感じるのは、日本に対して反感を抱いている国はほとんどないということです。文化的な成熟に対する評価も高い。アニメだけでなく、映画や音楽などの芸術分野、加えて日本食も人気です。やはり二千年もの歴史がある国だということも魅力になっています。ですから、もっと自信を持っていいと思います。ただ、デフレによって成長率はかなり下がっていますので、それが自信のなさの裏返しになっています。自信というのは、公正な社会や活力ある経済といった裏づけがあってはじめて生まれるものです。そのためにも、既得権益を温存するのではなく、正しく新陳代謝が行われる社会、努力した人が報われる公平で合理的な社会、お互いへの理解や配慮の気持ちを持ち、誰もが安心して暮らせる社会を目指しましょう。いまこそ日本を変えるチャンスです。ぜひ本書を、日本の諸問題を読み解くための参考書としてご利用下さい。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    6
    5
    1
    4
    2
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/11/07Posted by ブクログ

      デフレが経済を悪化させた。デフレを放置することは弱いものいじめ。大企業も官僚もデフレでも困らないからこういう政策をする。そうかな、デフレ歓迎なんだが。

    • ネタバレ
      2011/11/05Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2011/10/07Posted by ブクログ

      勝間氏の提言。現代の政治・経済に一言。具体的な提案を、その理由とともに記している。実現に向けて前向きに取り組んでいただけたらもっと頼もしいのだが。とても期待している。

    開く

    セーフモード