新編 ことばの作法 心を伝える“ひと言”の知恵

著:外山滋比古

459円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ことばは人づきあいの潤滑油。よりよい人間関係を築くには、話し方にも気配りが大切。あなたの何気ない「ひと言」が、相手の心を開く役を果たすこともあれば、思わぬ波紋を生み出すこともあるのです。―日本語に強い関心をもち続けてきた著者が、ことばづかいの作法や、電話・手紙のマナーを披露する。思いを上手に伝えるための心得をそっと教えてくれるエッセイ集。

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2011/06/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2014/04/19Posted by ブクログ

      最近の会話や電話、手紙について思うことを書いたもの。
      ちょっと価値観ずれるなと思った。
      葉書は好きだけど、葉書を用意しないし郵便局にも持って行かない。習慣化していない人間にとって、葉書を出すことは電話...

      続きを読む
    • 2011/01/05Posted by ブクログ

      前に著者の別の本を読んだけど、内容がちらほら被ってる。加えてちょっと感情的というか、理論より気持ちを優先して書いているのでいまいちピンと来なかった。
      ただ、「美しいフランス語をもたせました」の下りはは...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000108651","price":"459"}]

    セーフモード