[超訳]論語 自分を磨く200の言葉

編訳:岬龍一郎

569円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    多くの偉人たちから愛され、日本人の道徳感の柱とも言える『論語』。しかし、“とっつきにくい”というイメージから、敬遠している人も多いのでは?本書は、論語の中から、現代の荒波を力強く歩むための言葉を厳選し、そのエッセンスだけを読み解いた。「どんな人からも学ぶことができる」「悩んでもどうしようもないことは悩まない」など、不朽の名著がかつてないやさしさで甦る!

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    8
    5
    0
    4
    3
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/12/14Posted by ブクログ

      短時間で大まかに論語の雰囲気を掴む、あるいは論語のエッセンスを思い出したい人には適している。
      原文がないゆえ、少し勉強したい人にはこれ一冊では不十分。

    • 2017/05/10Posted by ブクログ

      はっとさせられる記述が多かったが、それは、今も昔も人が大切にしなければならない本質に、変わりがないことの証左だと思う。
      定期的に読み直したい一冊。

      以下、特に気付かされたことを列記。

      できる人は言...

      続きを読む
    • 2016/04/22Posted by ブクログ

      原文(漢文や古文)がないため、すべて日本語で書かれているため内容はわかりやすいが、一番最初に読む本としては言葉の意味までは理解はできないと思います。最初の入門書として「論語物語」を読んでいれば、それぞ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード