女は3語であやつれない 世界一わかりやすい「男と女の会話術」

著:伊東明

999円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    同性同士ならばわかりあえるセリフでも、異性に言うと的外れな反応が返ってきたり、怒らせてしまったりすることがある。例えば悩み相談に対して、「そんなことで悩むな」という答え。対男性ならばベストなのに、対女性では最悪のセリフになってしまうのはなぜなのか?また、「そろそろ海の季節だね」「私って寂しがりやなんだ」「仕事がイヤになっちゃった」――女性がよく発するこれらの言葉には、どう言い返せば良いのか?本書では男女の会話スタイルの違いを徹底解説し、女性がよく言うセリフの翻訳と、模範的な返し方を網羅。さらに女性の気持ちをつかむ魔法の言葉、言うだけで嫌われる地雷言葉まで、多くの事例を交えて多数紹介する。女性の言葉の意味がわからないという男性はもちろん、彼氏や夫との会話に不満を感じている女性も、必読の1冊。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    3
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/09/10Posted by ブクログ

      これを男性が網羅したら素晴らしいですね!!
      ほとんど男性向けのないようだったので、流し読みしましたが、パート2は女性にも役に立ちます。
      ある言葉を伝える時、この言葉に置き換えるということが載っています...

      続きを読む
    • 2008/10/26Posted by ブクログ

      なんとなーく手に取って読んだ本です。

      途中まで辛抱して読みましたが、もうイライラしてしょうがない。なんでしょうね、コミュニケーションてそんな色々考えてするもんかねぇ。

      まぁ、表面上のつきあいという...

      続きを読む
    • 2008/10/18Posted by ブクログ

      【要旨】
       『男は3語であやつれる』の続編。男性と女性では会話のスタイルが異なる。男性が「議論型」「勝負型」であるのに対して、女性は「共感型」であり、「うんうん」「そうだね」「なるほどな」が大切。 ...

      続きを読む

    セーフモード