物の見方 考え方

著:松下幸之助

500円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    秀麗な富士の山も見る人によって、さまざまな姿を映し出す。日々の暮しのなかにあっても、禍いを招くか、福を招くかは、物の受け取り方如何である、と著者は語る。本書では、「会社経営のカンどころ」「責任の持ち方」「難局を切り抜ける条件」「役に立つ人間」など、長年の事業経営で得た著者独自の“物の見方・考え方”を紹介する。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/05/08Posted by ブクログ

      これほどまで苦労して決して恵まれているとはいえないような境遇にありながら、自分は「運が強い」と言える心の強さを持った人は松下幸之助さん以外いないのではないだろうか。

      数々の苦境に直面しながらも、常に...

      続きを読む
    • 2017/01/09Posted by ブクログ

      ・失敗すれば、そこに損害が生じるが、その時に責任感をもつことが大切。

      ・大衆の働きというものは、集まれば非常な力となるが、その働きを働きとして効果を十分に発揮させるには、それを指導しなければならない...

      続きを読む
    • 2018/11/23Posted by ブクログ

      人より一歩先んずること。
      経験を重ね、日々振り返りを行い成長につなげる。
      単に年を重ねるだけではだめである。
      責任を持ってことに当たる。
      新しい転換をどんどん行わなければならない。
      今日の勝者が必ずし...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000108470","price":"500"}]

    セーフモード