なぜトヨタは人を育てるのがうまいのか

著:若松義人

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「モノづくりは人づくり」「人が人をつくる」「モノをつくる前に人をつくれ」――トヨタには営々と語り継がれてきた人づくりへのこだわりがある。成果主義にもリストラにも背を向け、いまだ終身雇用を守りつづける会社が、なぜ純益一兆円を超え、アメリカのビッグスリーを凌駕するトップ企業となったのか?「上司と部下」の関係に焦点をしぼった人づくりの面から、世界最強経営の根幹を明らかにする。人を育て、自分を育て、会社を大きく育てるトヨタのノウハウは、仕事のうえでも、人生を豊かに生きるうえでも、きっと役に立つ。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/12/25Posted by ブクログ

      組織の要は人である。組織にとって人は「人財」ともいう。
      世界最強経営とも呼ばれるトヨタが、いかにして人を育成しているのか。
      本書は6章からなり、改善をキーワードに、「信頼改善」「システム改善」「問題改...

      続きを読む
    • 2016/08/07Posted by ブクログ

      ウチでもこれだけミスが頻発するとそろそろ朝礼や掛け声や形だけのアリバイ作りだけでは何も解決しないと管理職が理解しないといけないレベルにきてると思います。
      それでも形だけの話を上司にあげようとするので管...

      続きを読む
    • 2007/01/17Posted by ブクログ

      よく本って最初に面白い内容が来て、最後のほうは尻切れトンボになってしまうのが多いですが、この本は、最後まで非常に楽しめました。
      ちまたにあふれている「トヨタ本」の一つですが、私は初めて手にして、「トヨ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000108461","price":"660"}]

    セーフモード