なぜ「いい人」は心を病むのか

著:町沢静夫

469円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    「ノーと言えない人」「真面目な人」……。「いい人」は、なぜ心を病んでしまうのだろうか。それは「いい人」が他人との衝突を恐れ、人に嫌われないように生きようとするからだ。本書は、精神科医である著者が、長年の臨床経験に基づいて傷つきやすい人の心理を読み解き、人と関わりながら自然に生きるための処方箋を説いた本である。「いい人」が、「必要な人」に生まれ変わるためのきっかけが掴める一冊。

    続きを読む

    レビュー

    3
    4
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2017/05/26Posted by ブクログ

      なぜ、いい人が心を病むのか分からなかった。
      多分誰も分からないと思う。
      精神科医であるにもかかわらず、まったく精神分析学に則り話を展開していないから、ダラダラと作者の自論を説いているだけ。題目の回答が...

      続きを読む
    • 2010/01/12Posted by ブクログ

      誰からも好かれたい、嫌われたくないという心理は、ある意味でその人の本音を隠してしまうことにつながる。本音を隠して建前だけで人と接すれば、人間関係も薄くなってしまう。いい人というものを、なにも嘘をつかず...

      続きを読む
    • 2007/11/14Posted by ブクログ

      僕は「いい人」じゃないので全く心を病むような人間ではなかったですw周りに気を使える人ほど病んでしまうというのもなんだかつらいよなぁ。。

    開く

    セーフモード