【最新刊】養老孟司の〈逆さメガネ〉

養老孟司の〈逆さメガネ〉

1冊

著:養老孟司

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「世の中おかしくなった」と誰もがいう。教育の荒廃、凶悪犯罪、環境破壊、金銭汚職。ことあるごとに「誰かのせい」がはじまる。政治家が、役人が、教師が、そして会社が悪い。そうじゃない!あなた自身の見方・考え方がまちがっているのだ。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/22
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    3.5
    34
    5
    6
    4
    11
    3
    12
    2
    5
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/09/09Posted by ブクログ

      養老孟司の本は自分にとって革命的な発想を教えてくれるので、多少言い回しが面倒だったり倫理的、道徳的な難しい話になったりしても読み進めていたが、今回は特にその類の話が多く感じた。逆さメガネということで現...

      続きを読む
    • 2017/07/31Posted by ブクログ

      バカの壁で有名な養老孟司さんが現在の教育のおかしさを語った本。
      結局言っている事はバカの壁と同じようなことなんだけど、それよりは読みやすかった。
      「ああすればこうなる」という、物事を単純化した考えに基...

      続きを読む
    • 2015/08/15Posted by ブクログ

      またまた養老先生の本。いったい何冊書くんだろう。でも何冊読んでもおもしろい。「バカの壁」とは少し違うスタンスで書かれている。本書は教育について書いたものだとまえがきに書かれている。しかし直接学校教育に...

      続きを読む
    開く

    セーフモード