電車は「心の休憩室」 移動時間で「自分」に気づく心理学

著:加藤諦三

510円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    通勤で、旅行で、里帰りで、私たちは人生の多くの時間を電車の中で過ごします。車窓の景色や車内の乗客を眺めてふと物思いに耽るとき、電車は単なる移動手段ではなく、人生を考える格好の空間であることに気づきます――この本は、そんな電車の中で、フッと肩の力を抜いて心を休ませたい人たちのために作りました。“今”を見つめ直し、これからを考えるヒントがいっぱいです。

    続きを読む

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/03/14Posted by ブクログ

      最初から最後まで自分の事を言われているように感じました。
      この本で出てくる例にあげられているのが、
      ほとんどそのまま私に当てはまり、
      とても納得しながら読ませていただきました。

      心のどこかで思ってい...

      続きを読む

    セーフモード