「言葉のルーツ」おもしろ雑学

著:エンサイクロネット

510円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    「釘をさす」という言葉がある。昔の日本建築の特徴は、正倉院のように釘を一本も使わないところ。ところが鎌倉時代ごろ、「念のために」釘を打ち付けた。それがいつしか現在のように、「念のために警告しておくこと」を意味するようになったという。ふだん何気なくつかっている言葉にも、探ってみると意外なルーツがある。そんな言葉の成立事情をズラリと紹介した薀蓄本の決定版。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード