【最新刊】AUTOSPORT No.1534

AUTOSPORT

AUTOSPORT編集部

600円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    おまたせしました SUPER GT is Back! ●SUPER GT Round 1 Fuji おまたせしました。SUPER GT is Back! 2020年シーズン開幕。7月の富士で再始動●[GT500 Winner]みなぎる“押し切り力”●[分析]スープラTop 5 独占の理由 2020年度版 Class 1の最適解●“一発屋”NSXの伸びしろ/“NSXの芸風” ほか●[GT300]面白いやつがキタ!●GT500/GT300レースレポート●RedBull×HONDA [検証]絶対王者メルセデスを追うホンダの“人とエネルギーの使い方” アタッキング・マネジメント●ミッションルームの使命 勝つためのモニタリング●届きそうで届かないメルセデスの背中 おとなしく負けるものか。●SUPER GT 王者譲りの勝負強さ●GT500ラップタイムチャート●OTHER 自粛期間中に成長した角田/NASCARトラックHRE今季初優勝 ほか●DTM凋落の要因と残された選択肢 本当に、生き残れるのか?●INDYCAR 天野雅彦氏の「有観客アイオワ スタンド観戦記」●F1 DEEP NETWORK●from Worldwide Pressroom●全日本MS会議●auto sport before & after●目次/奥付/編集後記●F1 メルボルンの悪夢から3カ月。ついに帰ってきたF1 超過密日程の裏側で。●[フェラーリ失速の理由]PUだけじゃない失速の病巣●[レーシングポイントに抗議]ブレーキダクトのみに絞ったルノーの物言い●コロナ禍でレースそのものに視線がいく意味●Rd.1-3 レースハイライト/ホンダ●Interview カルロス・サインツ ── “バカ”と呼ばれる攻撃性。●[2020 IndyCar ルーキーの通信簿]Part 1 アレックス・パロウ ── “クレイジー”は性に合ってる。●Part 2 天野雅彦氏による「所見」── 初優勝一番乗りはアスキューか? パロウは将来性を買う●株式会社アネブル ── TCR Japanと2020オフィシャルパートナーシップ締結●PCCJ ── 20周年を迎えたワンメイクレース●JAF F4 PADDOCK NEWS vol. 2 ── 宇都宮工業高校の生徒たち@もてぎ●[不定期連載]アマチュアレーサー ゴッツの見聞走録●[連載]クルマとレースを感じるコラム ピット・イン ── いしいしんじ●PRESENT FOR READERS●裏表紙

    続きを読む
    ページ数
    84ページ
    提供開始日
    2020/07/31
    • AUTOSPORT 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      AUTOSPORT 全 2 巻

      1,018円(税込)
      10pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する

    セーフモード