データ分析できない社員はいらない

平井明夫/石飛朋哉

1,408円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    会社で利用するデータは、売上、在庫、顧客など様々ありますが、残念ながらほとんどの場合、活用されているのは表面的な部分だけです。業績を伸ばすための糸口としてデータ分析を活用するのであれば、データを見る目を養う必要があります。それは「データが示す過去の事実を把握し、そこから正しい仮説を導き出す」ということです。正しい仮説を導くことができれば、個人、会社として正しい戦略を選択できるようになります。この本では、業績アップにつながる仮説の精度を上げるために、「売上を増やす」「コストを減らす」「在庫を最適化する」「利益を管理する」という4つの視点で、どのデータを、どういう視点で見るべきかを解説しています。また巻末に付録として、誰でも簡単にこの本に掲載しているデータ分析を活用できるようにExcelの使い方を掲載しました。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(30件)
    • 2012/05/13Posted by ブクログ

      業績を伸ばすために四つの視点として、売上、コスト、在庫そして利益でのデータ分析からその分析結果のビジネスの場での活用方法までとても分かりやすく語り、データ分析とは何かが良く分かる。

      ここでは、四つの...

      続きを読む
    • 2011/12/10Posted by ブクログ

      非常にわかりやすく、実践的な内容だった。分析の具体的なやり方を紹介している本はあまり見たことなかったが、すぐ使えるレベルの具体性で苦労なく頭に入ってきた。

      借り物で読んだが、手元に置いておくために買...

      続きを読む
    • 2014/03/10Posted by ブクログ

      いろいろな分析手法が体系的にまとめられていて、実際のグラフの絵もあり、わかりやすかったです。

      実務でも活かせそうな内容でした。

    開く

    セーフモード