メメント

森達也

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ペットの寿命。死後の世界について。宗教の役割。戦争や大量殺戮が起きる理由。殺人事件はなぜニュース・バリューを持つのか。細胞不死のメカニズム。人生で残された時間の量――煩悶を繰り返すドキュメンタリー作家が、死に関する様々な事象に想いをめぐらせ、考察し続けた数年間の記録。東日本大震災後に執筆された「震災、受賞、父親の死」も収録。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/08/24Posted by ブクログ

      オウム真理教のドキュメンタリ映画『A』、『A2』を撮ったドキュメンタリ映画監督森さんの連載エッセイ集。

      タイトルは""メメント・モリ""=""死を想う""、から取っている。だったら『メメント・モリ』...

      続きを読む
    • 2012/02/20Posted by ブクログ

      久しぶりの森達也。本作で12冊目。結構読んだな。

      主として生命・死をテーマとした文章を書き連ねている。
      タイトルのメメントは、ラテン語の「メメント・モリ=死を想う」から来ているから、
      そのテーマ設定...

      続きを読む
    • 2012/04/17Posted by ブクログ

      自分のダメな部分も文章にしてさらけだせるのはすごいなぁ。久々に森さんのを読んだので、これくらいの長さの文章が考えながらにはちょうどベストでした。

    開く
    [{"item_id":"A000107468","price":"550"}]

    セーフモード