【最終巻】ぼくは麻理のなか 9巻

完結

押見修造

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

≪ぼく≫の夢に現れた麻理が残した、「小森の日記」というキーワード。日記を見るため、≪ぼく≫と依は、小森の実家へと赴く――。『ハピネス』『惡の華』『漂流ネットカフェ』で話題の押見修造の人気作。

続きを読む
  • ぼくは麻理のなか 全 9 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    ぼくは麻理のなか 全 9 冊

    5,940円(税込)
    59pt獲得
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(10件)
  • 2018/07/25

    あまりにも綺麗な結末……。抑圧と欲望をここまでエンタメに昇華できるのがスゴい。
    麻里の家族の問題がどうなったか直接は描かれていないのですが、ほんの1コマ、『写真』が部屋に立てられている様子が描かれるだ...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2021/01/22

    流石の押見作品。最高でした。クラスでいまいちな女の子を描かせたら一番。一軍に近づきたくても近づけない心情、憧れ、妬み、依がとても魅力的でした。

    Posted by ブクログ
  • 2021/03/26

    とても面白かったです。読みやすく、テンポが良く、絵が綺麗でストーリーも良かったです

    名称未設定 さんのレビュー
他のレビューをもっと見る