ローマ人に学ぶ

本村凌二

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    紀元二世紀頃、人類の三分の一はローマ帝国の領土に生きていた。帝国の領土は、北は氷海から南は砂漠まで広がり、多様な自然環境のもとで、さまざまな人種や民族が住んでいた。この人類史上例をみない巨大な帝国を築いたローマ人とは、どのような人びとであったのか。彼らの歴史から、現代人は何を学びうるのか――。千二百年以上の長きにわたって続いた空前絶後の帝国。そこで活躍した人びとに着目しつつ、古代ローマ史の第一人者が分かりやすく論じていく。【目次】はじめに~世界史のなかのローマ人/1 共和政という祖国/2 カウディウムの頸木/3 王者のつどい/4 「ローマの盾」と「ローマの剣」/5 父祖の遺風/6 カエサルという経験/7 ローマ人の死生観/8 「棲みわけ」のための哲人と粋人/9 諧謔と批判の精神/10 賢帝と愚帝/11 ローマ帝国の精神的傑作/12 歴史の宿命とローマ人/おわりに/「ローマ史」略年表/ローマ帝国の最大版図

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/05/14Posted by ブクログ

      ローマ人の遺した言葉や考え方には全くもって古さを感じない。むしろローマについて学ぶ度に何かしらの親近感のようなものを感じる。それは彼らの紡いだ歴史の中にある種の人間らしさが垣間見られるからじゃないかと...

      続きを読む
    • 2014/10/09Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      ローマ人はなぜ大帝国を築き得たのか?
      数々の「国難」を乗り越え、広大な帝国をつくりあげたローマ人とは、どのような人々だったのか。古代ローマ史の第一人者が、様々な人物が織りなすドラマティッ...

      続きを読む
    • 2012/01/20Posted by ブクログ

      ローマ人の知恵を知りたいのであって、著者の意見を知りたいのではない。
      それさえなければ★5だったのだが…。

    開く
    [{"item_id":"A000107312","price":"715"}]

    セーフモード