楊令伝 十 坡陀の章

完結

北方謙三

545円(税込)
ポイント 5pt

宿敵・童貫を討ち、梁山泊は宋禁軍との闘いを終える。戦勝後に頭領の楊令が目指したのは、交易によって富む、小さく豊かな国の姿だった。その実現のため、梁山泊は、日本と遙か西域とを結ぶ交易路を開拓する。一方、金軍はついに開封府を陥して、宋王朝の廃止を宣言した。だがその時、李富は青蓮寺の拠点を江南に移し、李師師とともに新国家誕生に向けて動き始めていた。楊令伝、混迷の第十巻。

続きを読む
  • 楊令伝 全 15 巻

    未購入巻をまとめて購入

    楊令伝 全 15 巻

    8,130円(税込)

レビュー

レビューはありません。

セーフモード