宵山万華鏡

森見登美彦

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    祇園宵山の京都で、誘い込まれた妖しい迷宮。夏までの既刊限定サークル「祇園祭司令部」に集まった学生たち。変人ぞろいの彼らが用意した大舞台、いったい何をたくらんでいるのか?(「宵山劇場」)。「祇園祭宵山法度」で現行犯逮捕。連れ去られた藤田の地獄めぐりがはじまった……(「宵山金魚」)。吃驚仰天の新世界!6つの物語が交錯し妖しくつながっていく連作中篇集。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/07/21Posted by ブクログ

      永遠に終わらない「祭り」の物語。

      祭りは賑やかで楽しい。けれど祭りが賑やかであればあるほど、終わる時の寂しさもひとしおだ。いや、むしろ終わる時の寂しさを知っているからこそ、祭りは賑わうのかもしれない...

      続きを読む
    • 2012/09/16Posted by ブクログ

      子供のころ、秋祭りは、クリスマスやお正月と並んで、僕の大好きなイベントだった。僕の育った町内は、子供がほとんどいなかったので、子供会でおみこしを担いで町内を練り歩くという経験をしたことはないのだけれど...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2012/10/04Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A000107268","price":"440"}]

    セーフモード