マリア様がみてる7 いとしき歳月(前編)

今野緒雪/ひびき玲音

495円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 247(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

卒業を直前に控えたこの時期、黄薔薇さま(ロサ・フェティダ)の行動がおかしい。どうやら、複数の男性とつき合っているらしいのだ。――って、証拠のツーショット写真を手渡されても。これをどうしろっていうの、蔦子(つたこ)さん。ほとほと困った祐巳(ゆみ)の前に現れた黄薔薇さま(ロサ・フェティダ)は、黄薔薇革命の頃を彷彿(ほうふつ)とさせる、気怠(けだる)い雰囲気をもっていて…(「黄薔薇まっしぐら」)。他に2編を収録。

続きを読む
  • マリア様がみてる 全 37 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    マリア様がみてる 全 37 冊

    18,315円(税込)
    183pt獲得
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(26件)
  • 2007/02/02


    黄薔薇さまかんわいー!

    でもおいしいところさらっていくのはロサ・ギガンティア。
    やっぱりこの人だいすき!

    っていうか一番ときめいたのは祐麒だけどね!!!!
    思春期的発言の15歳にドキドキです。
    ...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2007/12/22

    この巻から初読です。「いととし」の意味は知らなかったな。黄薔薇さまの話と、祐巳さんが頑張る話。アニメで見たはずなんですけど、殆ど忘れていたので「そうだったっけ!?」と。「サクラじゃないのよ」って時の彼...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2005/07/07

    色々な意味での旅立ちの時。その故か黄薔薇様こと江利子にまつわる噂の真相が明らかになる話に加え、去る身の紅薔薇・蓉子の視点で綴られる物語から、「その時期」独特の慌ただしさや心情の揺れ動きが感じられる。少...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード