炎の蜃気楼9 みなぎわの反逆者

桑原水菜/東城和実

506円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

大阪の製菓会社社長・狭間の前に姿を現すという「お姫様の霊」を探るために、秘書兼ボディ・ガードとして会社勤めを始めた直江。高耶と綾子も、怨将・荒木村重を追って、京都に来ていた。一向宗は荒木一族の怨念を封じ込めた『遺髪曼荼羅(いはつまんだら)』を使って強力な「荒木大砲」を作ろうとしているのだ。ついに村重を見つけ出した高耶たちだが、村重は綾子の二百年前の恋人・慎太郎そっくりだった!

続きを読む
  • 炎の蜃気楼 全 74 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    炎の蜃気楼 全 74 巻

    38,654円(税込)
    386pt獲得

レビュー

  • 2020/07/08Posted by ブクログ

    大阪?神戸だったか・・曼荼羅の供養の時だよ。反逆者って直江さんです。曼荼羅を持ってた社長の秘書におさまった直江に景虎様ヤキモチ♡ みたいな〜

  • 2020/07/08Posted by ブクログ

    京都。荒木村重。

    晴家ねーさんと一緒にいるときの高耶さんがかっこよすぎて惚れる。

    直江は……なんなの。直江に見える風景が高耶さんや私たち読者と違うものであることは理解できるけど、長い時間を生きてる...

    続きを読む
  • 2020/07/08Posted by ブクログ

    大人の本気でした。笑 勝者と敗者としての直高。泣けました。
    綾子ねーさんと慎太郎さんの話が切なすぎです。だしはほんっとにいい妻…村重はしあわせものだ。
    とりあえず、高耶さんがみるみるうちに強くなってい...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A000107196","price":"506"}]

セーフモード