炎の蜃気楼3 硝子の子守歌

桑原水菜/東城和実

506円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

仙台市で、建築物が一瞬のうちに倒壊する事件が続発。直江の連絡で、高耶と綾子が調査に向かうことになった。仙台では活発化する最上義光(もがみ よしあき)軍の怨霊に対抗するため、伊達政宗が復活。激しい、《闇戦国》を繰りひろげていた。政宗と同盟を結ぼうとする高坂弾正(こうさか だんじょう)、事件のかげに見え隠れする狐の霊を操る女…。そして巨大な陰謀が渦巻く仙台で、高耶は自分を捨てて出ていった母・佐和子と出会った。

続きを読む
  • 炎の蜃気楼 全 74 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    炎の蜃気楼 全 74 巻

    38,654円(税込)
    386pt獲得

レビュー

  • ネタバレ
    2020/07/15Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2020/07/15Posted by ブクログ

    仙台編。大好き仙台編。

    伊達政宗公の懐の深さがとても好きなのです。
    あと国領夫妻。
    いろいろ…いろいろ明らかになってきます。
    殺伐としてきました。

    高耶と景虎との狭間で苦しむ高耶さんが痛々しくて…...

    続きを読む
  • 2020/07/15Posted by ブクログ

    初めて読んだ時(中学生の頃)に真似して「数息法」やったことを思い出しました。梵字が覚えられなかったな…。アホな自分が懐かしく恥ずかしい…。

開く
[{"item_id":"A000107189","price":"506"}]

セーフモード