編集者魂 私の出会った芥川賞・直木賞作家たち

高橋一清

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    司馬遼太郎、松本清張、有吉佐和子、中上健次、遠藤周作など、昭和の日本文学を彩った作家たち。そのそばには一人の編集者がいた。文藝春秋に入社して以来、様々な作家のデビューに立ち会い、名作と呼ばれる小説を数多く世に送り出してきた著者が語る、作家たちの知られざる素顔とは。芥川賞・直木賞の選考過程から発表の流れまで、一般に明かされていない舞台裏を記した特別エッセイも収録。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/07/20Posted by ブクログ

      先日、芥川賞・直木賞が決まった。受賞された作家さん、おめでとうございます。
      ◆この文庫は、上記の両賞を主催する文藝春秋の編集さんの本。当然、選考過程もご存じらしく、楽しく読めた。
      ◆いろんな作家さんが...

      続きを読む
    • 2012/08/01Posted by ブクログ

      熱い魂を持った編集者の記録。若干の自慢がかった記述は否めないが、「書く」という業に突き動かされた作家と「書かせる」執念を持った編集者との闘いには興奮させられる。

    [{"item_id":"A000107167","price":"440"}]

    セーフモード