そうだったのか! 中国

池上 彰

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    急速な経済成長で世界に圧倒的な存在感を見せる中国。一方、日本にとっても中国との二国間関係は重要性の度合いを強めている。隣国でありながら、こと現代史については学ぶ機会の少ない日本の私たち。だが、今こそ知るべきではないだろうか。2005年に上海で起こった「反日」運動を検証しつつ、チベット問題、天安門事件、台湾問題、そして経済格差など、複雑な中国現代史を分かり易く解説する。

    続きを読む
    • そうだったのか! 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      そうだったのか! 全 5 巻

      3,158円(税込)
      31pt獲得

    レビュー

    4.3
    91
    5
    36
    4
    49
    3
    6
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/26Posted by ブクログ

      上海に行った際に、多くの歴史(特に近代史)があることを知り読みたくなった。共産党政権の成立、毛沢東、文化大革命、経済の発展について多くの知識と、現在につながるところを知ることができた。とても分かりやす...

      続きを読む
    • 2020/02/16Posted by ブクログ

      2012年に北京に行く前に読み始めたのだが、読みきらずに長年放置していた。小さい頃チャイナと言うと蔑称のような響きだったが、今はもう様変わりしている。大国アメリカと肩を並べ世界の覇権争いをし、ニュース...

      続きを読む
    • 2019/06/15Posted by ブクログ

      (「BOOK」データベースより)
      急速な経済成長で世界に圧倒的な存在感を見せる中国。一方、日本にとっても中国との二国間関係は重要性の度合いを強めている。隣国でありながら、こと現代史については学ぶ機会の...

      続きを読む
    開く

    セーフモード