そうだったのか! アメリカ

池上 彰

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「私はアメリカが嫌いです。私はアメリカが大好きです。そんな矛盾した気持ちに、どう折り合いをつければいいのか。そんなことを考えながら、この本を書きました」――ジャーナリスト池上彰が、自身あこがれと反発をいだく国、アメリカの歴史と現状を、独自の9つの視点からわかりやすく解説する。超大国アメリカをしるための教科書決定版。「オバマ以降のアメリカ」を大幅加筆。

    続きを読む
    • そうだったのか! 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      そうだったのか! 全 5 巻

      3,158円(税込)
      31pt獲得

    レビュー

    3.9
    42
    5
    10
    4
    21
    3
    10
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/31Posted by ブクログ

      なぜアメリカ人はそう考えるのかを成り立ちとこれまでの歴史を経て理解することが出来る。アメリカのご都合主義には呆れるところもあるけど、見習うべきところもすごくあるなと認識。特にウォーターゲート事件は映画...

      続きを読む
    • 2018/05/10Posted by ブクログ

      池上彰さんによる、そうだったのかシリーズ・アメリカ編。
      米国の誕生から、オバマ大統領就任に至るまでの経緯を、九つの視点から、平易な文章で解析。
      二段組で、図録やコラムもいっぱい挿入され、ボリューム満点...

      続きを読む
    • 2018/01/08Posted by ブクログ

      知ってるようで知らない、アメリカの暗い面・明るい面を掘り下げる本。これを読むと、ハリウッド映画やアメリカ絡みのニュースがより楽しめることうけあい。

    開く

    セーフモード