龍は微睡む

真堂 樹

495円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    四龍島(スーロンとう)は、その名のとおりに『青龍(チンロン)』『白龍(バイロン)』『朱龍(チューロン)』『黒龍(ヘイロン)』と呼ばれる四人の主が統治する島。白龍市の後継者・マクシミリアンは、妾腹の生まれゆえに『半龍(ハンロン)』と呼ばれ、侮られていた。しかし、歓楽街『花路(ホワルー)』の頭・飛(フェイ)は、彼の瞳に常人とは違うものを感じる。二人が出会うとき、運命は鮮やかに輝きはじめる。疾風怒涛のカンフーアクション!

    続きを読む
    • 四龍島シリーズ 全 34 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      四龍島シリーズ 全 34 巻

      17,171円(税込)
      171pt獲得

    レビュー

    • 2004/11/16Posted by ブクログ

      愛しさや嬉しさや喜び。そんな感情の中で優しさに涙してしまう最終巻。
      騒乱もようやく静まり、黒龍の立て直しに尽力する人々と飛。春を祝う大春節を間近に控え、白龍、朱龍、青龍が徒な悪戯の計画を立てる中、黒龍...

      続きを読む
    • 2004/10/25Posted by ブクログ

      6冊目のこの作品では、私の大好きな松妙が登場します。とても穏やかで優しくて、強い。この人が本当に好きです。
      白龍の目をかいくぐって朱龍に来た飛。途中声を掛けてきた男に道案内を頼むけれど、材財房に騙され...

      続きを読む
    • 2009/11/09Posted by ブクログ

      小・中学校の、美しき思い出・・・
      二十歳過ぎてから、新・中古を交えてすべてそろえました。
      番外編をいれて、30巻くらい。

      も~~~~~~~キュン死にしそうなくらい、つぼがつかれて!!
      まず、設定がい...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000106918","price":"495"}]

    セーフモード