水滸伝 十一 天地の章

完結

北方謙三

463円(税込)
ポイント 4pt

梁山泊の頭領の対立が深刻化していた。兵力をもっと蓄えたい宋江(そうこう)。今すぐ攻勢に転じるべきだと主張する晁蓋(ちょうがい)。しかし、青蓮寺(せいれんじ)は密かに暗殺の魔手を伸ばしていた。刺客の史文恭(しぶんきょう)は、梁山泊軍にひとり潜入し、静かにその機を待ち続ける。滾(たぎ)る血を抑えきれない晁蓋は、自ら本隊を率いて、双頭山(そうとうざん)に進攻してきた官軍を一蹴し、さらに平原の城郭(まち)を落とした。北方水滸、危急の十一巻。

続きを読む
  • 水滸伝 全 19 巻

    未購入巻をまとめて購入

    水滸伝 全 19 巻

    8,797円(税込)

レビュー

レビューはありません。

セーフモード