【最新刊】七人の敵がいる

七人の敵がいる

加納朋子

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    育児と仕事を何とか両立してきた、ワーキングマザーの陽子。息子の小学校入学で少しはラクになるかと思いきや、PTA・学童父母会・地域子供会などに悲鳴を上げる、想像以上に大変な日々が幕を開けた……。●入学早々、初の保護者会はPTA役員決めの修羅場に。空気を読めない陽子は、早速、敵を作ってしまう。「女は女の敵である」●仕事と子育ての両立に不可欠な、義母のサポート。“孫のためなら”の影に押しやられた本音は不満だらけ!?「義母義家族は敵である」など、笑いあり、涙あり、前代未聞の痛快ノンストップ・エンターテインメント!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/15
    出版社
    集英社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(71件)
    • 七人の敵がいる
      2012/10/13
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 七人の敵がいる
      2014/08/23

      小学校入学。
      幼児時代という子育ての一つのステージが終わり、やれやれ一安心…と思ったら大間違い。
      働く母の闘いはここから始まる。

      役員をめぐる女の心理戦。
      嫁姑。そして小姑。
      役に立たないどころかト...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 七人の敵がいる
      2012/07/08

      今まさに置かれてる立場が重なって興味深く、あっという間に読み終える。日中にドラマ化されているのは知っていたが、私もワーキングマザーのため気にはなっていただけの感じ。本屋に行って目に留まり、ついに恐ろし...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード