鼓笛隊の襲来

三崎亜記

385円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    赤道上に発生した戦後最大規模の鼓笛隊が、勢力を拡大しながら列島に上陸する。直撃を恐れた住民は次々と避難を開始するが、「わたし」は義母とともに自宅で一夜を過ごすことにした。やがて響き始めたのは、心の奥底まで揺らす悪夢のような行進曲で…(『鼓笛隊の襲来』)。ふと紛れ込んだ不条理が、見慣れたはずの日常を鮮やかに塗り変えていく。著者の奇想が冴えわたる、驚異の傑作短編集。

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2011/06/03Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2011/04/06Posted by ブクログ

      「鼓笛隊の襲来」三崎亜記
      幻想的な日常を描いた短編集。無彩色。

      この人の引き出しはどれだけ深いんだ…!次から次へと描き出される、静かなるワンダーランド。
      はじめて『となり町戦争』を読んだ時にひたすら...

      続きを読む
    • 2018/06/21Posted by ブクログ

      世にも奇妙な物語系、とでも言ったらいいのでしょうか。どこか狂った、しかし至って普通に営まれる日常を描いた短編集。本書、と言うより多分三崎氏の面白い所は、その「狂い」を感覚ではなくシステマティックに組み...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000106810","price":"385"}]

    セーフモード