【最新刊】原発クライシス

原発クライシス

高嶋哲夫

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本海のある海岸に、最先端技術を結集して建設された次世代型、世界最大の原子力発電所が謎のテロリスト集団に占拠された!?同志たちの解放を要求し、汚染ガス放出を予告。原爆をはるかに凌ぐ放射能汚染。チェルノブイリ事故の何万倍もの被害が想定される空前の危機が日本を襲う。攻守それぞれの正義が交差するなか、愛する人、愛する国を守りぬけ!災害サスペンスの旗手が放つ衝撃の問題作。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/15
    連載誌/レーベル
    集英社文庫
    出版社
    集英社
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • null巻2012/08/23Posted by ブクログ

      テロの可能性も再確認。
      日本は、曲者極東の国々に囲まれているだけに、妙に現実味がある。北朝鮮から更にバックボーンはロシアという展開が興味深かった。現実には、中国始め、中央アジア、中東…と地形学上の勢力...

      続きを読む
    • null巻2020/08/26Posted by ブクログ

      原子力発電所がテロにあったら。
      想像したらとても怖い。

      実際にテロ対策ってどの程度出来てるのだろうか?

      小説としては最後がちょっとあっけなかったけどそれでも読んでいてハラハラした。

      映画化したら...

      続きを読む
    • null巻2017/04/20Posted by ブクログ

      震災前に書かれた本だが、今読むと現実と一部クロスして、特別の印象を与える。エンディングは今ひとつだったが、全体は楽しめた。

    開く

    セーフモード