【最新刊】怪のはなし

怪のはなし

加門七海

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    物心ついた頃から、数多くの「この世ならぬモノ」たちと遭遇してきた著者。嵐の夜、停電した自宅に入り込んできた不気味な「何か」。東京大空襲の日がくると現れる、ボロボロで痛ましい姿の子供たち。夢の中から抜け出してきた猫とふれあい、侍の幽霊と東京を散歩する…。恐ろしくも、時に物悲しく、時に心温まる20の怪異を再現した、究極の実話怪談集。あなたの知らない、リアルがあります。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/15
    出版社
    集英社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/02/25Posted by ブクログ

      そろそろ怖いはなし欠乏症。
      手に取ったのは美しい表紙のこの本でした。
      当たりでした!
      めちゃくちゃ面白い!!
      作りものの怪談とは全然違う。
      実話怪談、しかも自分経験!!
      面白くて怖かったのは『暦の話』...

      続きを読む
    • 2015/07/22Posted by ブクログ

      筆者が体験した実話怪談。道の話が怖かった。新築マンションに住んだ人たちは一体どうなったのか大丈夫なのか、かなりその後が気になります。

    • 2012/05/09Posted by ブクログ

      読んでしまったΣ(´□`)

      エッセイ集なんですが、タイトルどおりで背筋が寒くなる話がいくつか…。

      怖いのが苦手な人はやめたほうがいいと思う。

    開く

    セーフモード