オリンピックと商業主義

小川 勝

737円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    オリンピックをテレビで観戦していると、他のスポーツイベントとは「風景」が違うことに気づく。それは「会場に広告看板がない」からだ。クーベルタンが理想を掲げて創始した近代オリンピックの「格式」は、そのような形で今も守られている。だが舞台裏では、莫大な放映権料やスポンサー料がIOCの懐を潤し、競技自体にまで影響を及ぼすという実態がある。一方で、その資金のおかげで税金の投入が回避され、途上国の選手が参加できるという現実もある。果たして、オリンピックが「商業主義」を実践するのは是なのか非なのか。本書は、五輪礼賛でも金権批判でもないスタンスで、この問題を深く掘り下げる。【目次】序章 三つのロンドンオリンピック/第一章 「商業主義」の起源と歴史/第二章 「商業主義」の弊害とは何か/第三章 五輪マネーは、どのように分配されるのか/おわりに―オリンピックは誰のためにあるのか

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/08/12Posted by ブクログ

      オリンピックにまつわるお金の話

      『オリンピックと商業主義』(小川勝、集英社新書、2012年)を読んだ。

      オリンピックのお金の流れについてうまくまとまってたのでお勧め。

      まとめと思ったことをつらつ...

      続きを読む
    • 2020/05/20Posted by ブクログ

      オリンピックと「金」の歴史を紐解きながら、「オリンピックにおける商業主義とは何なのか」、「オリンピックは、なぜ商業主義を必要としたのか」、「商業主義による弊害とは、具体的にどういうことなのか」といった...

      続きを読む
    • 2014/10/10Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      オリンピックをテレビ観戦していると、他のスポーツイベントとは「風景」が違うことに気づく。
      それは「会場に広告看板がない」からだ。
      クーベルタンが理想を掲げて創始した近代オリンピックの「格...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000106693","price":"737"}]

    セーフモード