【最新刊】家日和

家日和

奥田英朗

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    会社が突然倒産し、いきなり主夫になってしまったサラリーマン。内職先の若い担当を意識し始めた途端、変な夢を見るようになった主婦。急にロハスに凝り始めた妻と隣人たちに困惑する作家などなど。日々の暮らしの中、ちょっとした瞬間に、少しだけ心を揺るがす「明るい隙間」を感じた人たちは……。今そこに、あなたのそばにある、現代の家族の肖像をやさしくあったかい筆致で描く傑作短編集。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/15
    出版社
    集英社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 家日和2014/07/09Posted by ブクログ

      【経緯】
      我が家の問題を読み途中のときに、読書会でsideさんが紹介してて

      【目次】
      サニーデイ(2005年11月号)
      ここが青山(2006年10月号)
      家(うち)においでよ(2006年2月号)
      ...

      続きを読む
    • 家日和
      ネタバレ
      2016/01/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 家日和2016/05/20Posted by ブクログ

      一人暮らしが長かった分、結婚生活という妻との共同生活の辛さが身にしみる。(もちろん、辛いだけではないが)
      そんな時に読む本作だ。

      家庭内の些細な出来事や波風を上手にすくい上げて物語にしてしまう著者の...

      続きを読む
    開く

    セーフモード