【最新刊】赤目のジャック

赤目のジャック

佐藤賢一

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    十四世紀半ばの北フランス。百年戦争の果てない戦乱に蹂躙され、疲弊しきった農村に一人の男が現れた。人心を惑わす赤い目を持ったその男・ジャックに煽動された農民たちは理性を失い、領主の城館を襲撃、略奪と殺戮の饗宴に酔いしれる。燎原の火のように広がった叛乱はやがて背徳と残虐の極みに達し…。中世最大の農民暴動「ジャックリーの乱」を独自の視点で濃密に描く、西洋歴史小説の傑作。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/15
    出版社
    集英社
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    レビューコメント(13件)
    • 赤目のジャック
      2006/03/07

      「ジャックリーの乱」でしたっけ。
      歴史の授業で習った「言葉」でしかなかったものがこれほどの広がりをみせるとは。

      Posted by ブクログ
    • 赤目のジャック
      2019/03/29

      「英仏百年戦争」の最中のフランスでの出来事です。
      当時のフランスがいかに疲弊しきっていたかがよく分かります。

      解雇された傭兵たちに荒らし尽くされた農民たちの怒りは至極もっともなことだと思います。略奪...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 赤目のジャック
      2008/06/18

      大きな物の中に埋没して責任をどこかよそへやってしまうというのは人間の性なんだろうか。

      カルチェ・ラタンを読んだ時も思ったけど人間ってどうしようもなく残酷な部分があるんだろう。

      それを正当化してくれ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード