眠れないほど面白い『古事記』

由良弥生

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    陰謀と戦い、禁断の恋、嫉妬メラメラの愛憎劇……大好評ベストセラー『大人もぞっとする初版「グリム童話」』の著者が、今度は歴史的名著『古事記』を大胆かつ鮮やかに再現!◎悲劇の皇子ヤマトタケルの生涯◎愛しい妻に会うために死者の国を訪れたイザナキを待っていたものは……◎「天の神」vs.「地の神」戦いの意外な行方◎浮気を疑われ、身の潔白を明かすために産屋に火を放って出産したコノハナサクヤビメ◎兄妹が企てた仰天!天皇暗殺計画◎天皇の座を捨ててまでも実の妹との「禁断の恋」を貫いた皇子◎皇位継承争いが引き起こした悲劇……etc.日本の神話は、本当はこんなにも“スリリング”で“ロマンチック”だった!一度は読んでおきたい、日本人の原点を知る本!

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/02/17Posted by ブクログ

      日本誕生初期の物語が生き生きと描かれており面白い。確かにまぐわうことばかりを追い求めて神々が生き死にを行っているのが少し滑稽でもあり、後世へのたすきリレー上、大事なことなのかもしれない。土地のゆかりも...

      続きを読む
    • 2013/07/16Posted by ブクログ

      特に上巻の神々の誕生に関する物語が面白かった。

      神、天皇は欲望のかたまりで、自分たちの都合で殺したり、女性を自分のものにしようとする。

      古事記では、神々の子孫が天皇だとする話も初めて知ったことだっ...

      続きを読む
    • 2016/03/24Posted by ブクログ

      古事記の内容がわかりやすく読める本。

      聖書や神話などについて興味があったので日本はどうじゃ?と思って取っ掛かりに読んだ本。知っている名前がたくさん出てくるので大丈夫かと思いきや、名前なんてほとんど覚...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000106288","price":"660"}]

    セーフモード