【最新刊】困惑はバニラフレーバー

セカンドラインシリーズ

3冊

坂井朱生/桜川園子

586円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    元銀行員の須賀一佳は、綺麗でクールな見かけの割に優しいが、三歳年上の西江和彦には厳しい。初めて出逢ったときから和彦はことあるごとに一佳を口説き続け、三年前に半ば勢いで身体を繋げてからはずっと大切にしてくれている。本当は一佳も素直になりたいのだが、性格上出来ない。そんなある日、一佳が偶然映っている写真が雑誌に載って……!? 【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。

    続きを読む

    本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

    提供開始日
    2014/02/28
    • セカンドラインシリーズ 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      セカンドラインシリーズ 全 3 巻

      1,758円(税込)
      17pt獲得

    レビュー

    3
    5
    5
    0
    4
    1
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/12/31Posted by ブクログ

      スピンオフらしいけど読んでなくても問題なし。
      まぁ、普通の話で盛り上がりもないからまったく記憶に残らなかった。

    • 2014/04/04Posted by ブクログ

      これはなかなかいいお話でした。
      ちょっと突拍子もない話の飛び方というか、裏付けがあったりするけど特に違和感なく読めた。

      綺麗ごとだけじゃなく、寂しさや悲しさをとにかく温もりで忘れたい気持ちもそれでも...

      続きを読む
    • 2013/10/10Posted by ブクログ

      和彦の恋人・須賀は、元銀行員で綺麗でクールな見かけの割に優しい。しかし和彦に対しては厳しい須賀。二人の恋は…!?
      出版社より

    開く

    セーフモード