【最新刊】神秘の島の伝説 【狼たちの休息 XXV】

神秘の島の伝説

1冊

ビバリー・バートン 翻訳:片桐ゆか

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

    やはり来るのが遅かった。グウェンはホテルのロビーで立ち尽くした。アラバマからメキシコの港町まで、はるばる来たのに父はもういない。長年の夢だった不老長寿の秘薬を求めて、カリブの島へ船出したのか。父の行方を知ろうと、グウェンは町のレストランやバーを捜し歩いた。「どうやら、ぼくたちは同じ対象を追っているらしい」バーで客にからまれていたグウェンを助けてくれた男は、彼女の話を聞くうち、そう告げた。男の名はウィル・ピアース。失踪した大富豪の娘を追うボディガードだという。彼はその娘がグウェンの父の助手と一緒にいたことを知っていた。グウェンは偶然の巡り合わせに感謝した。彼と捜せばきっと父に会える。父たちが乗る船を追って、彼女はウィルとともに海へ乗り出した。

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2010/01/22Posted by ブクログ

      購入済み

      あらすじ
      やはり来るのが遅かった。グウェンはホテルのロビーで立ち尽くした。アラバマからメキシコの港町まで、はるばる来たのに父はもういない。長年の夢だった不老長寿の秘薬を求めて、カリブの島へ...

      続きを読む

    セーフモード