信濃梓川清流の殺意

梓林太郎

517円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    信州・梓川のほとりで、旅行作家・茶屋次郎は屈辱的な思いを味わった。通りがかりに偶然、女の絞殺死体を見つけて通報したのだが、地元警察に容疑者扱いを受けたのだ。疑いを晴らすべく、彼は自ら真相究明に乗り出した。被害者の女性は老舗の旅館で働く女性だったが、彼女の父も、さらには祖父も梓川で変死している事実が明るみに出た。偶然の一致なのだろうか?一族の家の奇怪な過去が浮かび上がるにつれ、茶屋は事件の奥深さに慄然とするのだった。

    続きを読む
    • 茶屋次郎シリーズ 全 27 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      茶屋次郎シリーズ 全 27 巻

      15,444円(税込)
      154pt獲得

    レビュー

    • 2010/01/02Posted by ブクログ

      川シリーズ第6弾。

      シリーズを重ねるにしたがって、茶屋さんの女好きが
      どんどん強調されているような気がするのは気のせいでしょうか。

      とりあえず、荒川と隅田川は、元は同じ川なんだということを知った。...

      続きを読む
    • 2010/01/02Posted by ブクログ

      茶屋次郎が主人公の川シリーズ第3弾です。

      いつものように厄介ごとを背負う羽目になる茶屋さん。
      今回はにわかお父さんを任されます。

      なかなかよいお父さんなんではないでしょうか…?
      それとも、良いお母...

      続きを読む
    • 2010/01/02Posted by ブクログ

      知らない人の言葉にほいほい乗せられてはいけません。
      よく言うじゃないですか・・

      「ただより怖いものはない」って。

      ………

       八田がなにか言おうとして、口を開きかけたところへ電話が鳴った。松浦記者...

      続きを読む
    開く

    セーフモード