【最新刊】軍鶏侍・合冊版

軍鶏侍

野口 卓

4,180円(税込)

この本はアプリ専用です

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    闘鶏の美しさに見入られ、そこから必殺剣を編み出した隠居剣士・岩倉。その腕を見込んだ筆頭家老の呼出しに応じたがために、藩の政争に巻き込まれてしまう。必殺剣を巡る暗闘の結末は意外にも…。流麗な筆致で武士の哀切を描く、静謐にして彩り豊かなる時代小説。番外編「遊び奉行」含むシリーズ7作の合冊版!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/09/29
    出版社
    祥伝社
    ジャンル
    歴史・時代
    • 軍鶏侍 全 7 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      軍鶏侍 全 7 巻

      4,576円(税込)
      45pt獲得

    レビュー

    • null巻2014/04/23Posted by ブクログ

      軍鶏侍シリーズ第五弾。あまり時代小説を読むことのない自分だが、このシリーズだけは毎回、楽しみに読んでいる。軍鶏侍と呼ばれる剣豪・岩倉源太夫を主人公にした連作短編集である。

      今回は『新しい風』『ふたた...

      続きを読む
    • null巻2015/08/06Posted by ブクログ

      短編が5つ.武士の矜恃を雑事との折り合いで、しぶしぶながらその剣を使う羽目になる岩倉源太夫の話だが、「夏の終わり」の大村圭二郎が権助と一緒になって挑む大きな鯉との戦いが面白かった.架空の園瀬藩を見事に...

      続きを読む
    • null巻2013/01/09Posted by ブクログ

      面白さ前作より加速!
      自らが編み出した秘剣「蹴殺し」を断腸の思いで弟子の前で繰り出し、
      「秘剣唾棄すべき」
      と言い放つ軍鶏侍、岩倉源太夫。
      再度、泣ける。

    開く

    セーフモード