焦茶色のパステル 新装版

岡嶋二人

796円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ミステリー界の至宝はここから誕生した。二人で一人の作家、岡嶋二人のデビュー作にして江戸川乱歩賞受賞作。東北の牧場で牧場長と競馬評論家・大友隆一が殺され、サラブレッドの母子、モンパレットとパステルが銃撃された。隆一の妻である香苗は競馬の知識は一切持っていなかったが、夫の死に疑問を抱き、次々と怪事件に襲われる。一連の事件の裏には、競馬界を揺るがす恐るべき秘密が隠されていた。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      本作を読まずしてミステリーが好きです、なんて言ってはいけないですね、すいません。というぐらいの記念碑的作品。20数年の競馬ファンということもあり、タイトルはやはり「黒鹿毛のパステル」にしてほしかったと...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      なかなか別れられずにいた夫が、突然射殺されたとの知らせを受けた主人公。こんな別れ方はしたくなかったという後悔の念と辛い現実と闘いながら、親友と共に事件の真相へと巻き込まれていきます。ミステリーとエンタ...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      久しぶりに出会った、面白い小説でした。江戸川乱歩賞受賞作ということは知っていたのですが、最初は競馬もの? う~ん……という感じでした。ところが読み始めるとこれが面白いんです。分かりかけた犯人の動機が後...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000101291","price":"796"}]

    セーフモード