不確定世界の探偵物語

著:鏡明

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ただ1人の富豪が所有する、この世に1台きりのタイムマシンが世界を変えてしまった。過去に干渉することで突然、目の前の相手が見知らぬ人間に変わり、見慣れた建物が姿を変えてしまうのだ。おれは私立探偵。だが、常に歴史が変わる──現在が変わりつづけるこの世界で、探偵に何ができるというのだろう?そのおれが、ある日、当の富豪に雇われた。奴の正体は一体?“伝説の巨人”鏡明を代表する空前絶後の時間SF。

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/02/04Posted by ブクログ

       この連作短編型の長編が書かれた1980年代初めは、伝説のSFファン鏡明が小説をものし始めた時期で、私も大いなる期待を持ってSFマガジン連載の『我らが安息の日々』を読んだりしたけれど(いまだに単行本化...

      続きを読む
    • 2011/10/15Posted by ブクログ

      久々におもしろいSF小説を読んだ。ワンダーマシン、探偵、改変モノ。と聞いただけで涎が…。アンドロイドは電気羊の夢を見るか?(ディック)や猶予の月(神林長平)が好きな人にお薦めです。

    • ネタバレ
      2014/10/31Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A000100515","price":"715"}]

    セーフモード