【最新刊】幻詩狩り

幻詩狩り

著:川又千秋

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1948年。戦後のパリで、シュルレアリスムの巨星アンドレ・ブルトンが再会を約した、名もない若き天才。彼の創りだす詩は麻薬にも似て、人間を異界に導く途方もない力をそなえていた……。時を経て、その詩が昭和末期の日本で翻訳される。そして、ひとりまたひとりと、読む者たちは詩に冒されていく。言葉の持つ魔力を描いて読者を翻弄する、川又言語SFの粋。日本SF大賞受賞。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/02/08
    出版社
    東京創元社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2019/05/13Posted by ブクログ

      これまでに読んだ日本のSF小説の中で一番面白かった。言葉の持つ魔力にフォーカスして、異なる時間軸の物語が次々と展開されていく。

      物語は80年代の日本パートと、40年代のNY・パリを舞台としたパートが...

      続きを読む
    • 2011/10/30Posted by ブクログ

      <poka>
      初めて川又作品を読みました。筆力が感じられ、川又さんの世界に引き込まれました。

      <だいこんまる>
      引き込まれて、pokaさんは火星まで行っちゃいましたぁ。

    • 2013/09/30Posted by ブクログ

      出版社からもわかるように、SF。
      ふだんはあんまりSFって読まないんだけど&川又千秋って初めて読むけど、けっこうおもしろかったです。

      フランスの若き詩人が書いた、禁断の詩。それを読んだ人びとは次々に...

      続きを読む
    開く

    セーフモード