いのちはどこからきたの?

大葉ナナコ

733円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    〈9歳までに伝える「誕生」のしくみ〉「性」が商品化され中絶・性感染症の危険が多い昨今。どのようにして、子どもたちに性教育をすればいいのでしょうか?『いのちはどこからきたの?』はバース(出産)コーディネーターが、人格や自尊心、命の尊厳を子どもたちに伝える「いのちの教科書」。心が生き生きすると書いて「性」。性は、隠すことでも、いやらしいことでもないのです。「話さなくていい」から「話したい!」へ変わる新時代の性教育。ごまかさないで「正しく、ロマンチックに」語る。それは、親から子への最高のギフト。巻末には親子で読める絵本つき。是非お子様と一緒にお楽しみください。【目次】■パートI「いのちの話」がステキな「ギフト」になる理由■パートII「食卓」と「性」をつなぐ子育て■パートIIIこんなときどう話す?Q&A集【本書の内容から】◎性の話なんてしなくても大丈夫、の落とし穴◎「赤ちゃんはどうやって生まれるの?」の答え方◎母親が男の子に話すなら「お風呂」がチャンス!?◎「コウノトリが運んでくる」と教えてはいけない理由◎さりげなく話すきっかけのつかみ方・作り方◎「セックスって何?」と突然聞かれてもあわてない会話法【著者紹介】大葉ナナコ中学から高校、短大までの8年間を美術教育課程を進み、高校生の頃にモデルとして活動。短大卒業後はテレビ番組制作や出版関係の仕事に従事。1987年の第一子出産、育児経験への感動を契機として出産、育児のトータルコーディネーターとしての活動を始める。5児の母であり、「趣味は出産、特技は安産」。※本書籍は『いのちはどこからきたの?』(情報センター出版局刊)をもとに制作されました。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード