放射線被ばく危険度チェック

具然和

419円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    本当に大丈夫なのか!?原発被ばくから医療被ばくまで、日常生活の不安に応える暮らしの放射線Q&A。〈放射線汚染国で生き残るための117の知恵〉●放射線と共に生きる●現実を受け止め●正しいリスク回避を学ぶ放射線医療現場からの提言。放射線や放射性物質は目で見ることができず、五感で感知できません。このことが不安を大きくしてしまう原因の一つであることは間違いありません。そして、放射能への偏見や風評が広がることが被災地の復興・復旧に大きな影響を及ぼしています。私たちはいま、放射線について正しく知ることがなによりも必要なのです。【目次】■はじめに-放射線医療現場から福島第一原発事故を検証する■第1章知っておきたい基本知識■第2章放射線の人体への影響■第3章福島第一原発事故への対応■第4章原子力災害に伴う放射線被ばく■第5章医療における放射線被ばく■第6章不信や疑念にお答えします■おわりに-日本がこれから進むべき道【著者紹介】具然和(グ・ヨンファ)1963年、韓国慶尚北道生まれ。1995年、東京大学大学院医学系研究科放射線健康管理学教室博士課程修了。現在は鈴鹿医療科学大学大学院医科学研究科教授(放射線生物学)・ソウルカトリック大学医学部放射線腫瘍学科客員教授(漢医師)をつとめる。著書に『チャーガの生理活性-ガン、糖尿病への効果と抗ガン剤・放射線治療の副作用』(ヒューマンウィングス・刊)などがある。※本書籍は『放射線被ばく危険度チェック放射線汚染国で生き残るための105の知恵』(情報センター出版局刊)をもとに制作されました。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード