【最新刊】夏の塩

夏の塩

1冊

榎田尤利/茶屋町勝呂

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

味覚障害の魚住真澄は、友人・久留米充の許に居候している。――味覚を失ったのは、生きる意味を失ったから?日常に潜む生と死、哀しみと喜びの物語。

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

提供開始日
2013/02/08
連載誌/レーベル
SHY NOVELS

レビュー

4.6
36
5
26
4
6
3
4
2
0
1
0
レビュー投稿
  • ネタバレ
    2018/12/15Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2017/02/08Posted by ブクログ

    (´・ω・`) ネタバレアリ〼

    上下巻であることを知らずに、先に夏の子供を途中まで読んでしまいました。だからさちのちゃんが亡くなることも知っていたし、二人が晴れて結ばれる場面も読んでしまっていました...

    続きを読む
  • 2016/06/18Posted by ブクログ

    2016.6.17 読了

    大好きな小説になった。
    魚住と久留米をひたすら見守りたくなる。
    ストーリーに厚みがあって、すべての登場人物の人となりや感情が緻密に表現されている。
    どんどん読み進めたいけ...

    続きを読む
開く

セーフモード