【最新刊】民主党波瀾の航海

民主党波瀾の航海

鎌田慧

523円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    わたしは、第二次世界大戦後の世界的な反省と希いを一身に担った、日本国憲法を未来の希望として大事に考えているものである。貧困、抑圧、戦争との闘いを呼びかけ、主権在民と思想の自由を謳った、この平和憲法の理念を惜しみなく捨て去ろうとした自公政権の崩壊は、選挙民の憤怒の力によるものだった。(あとがきより)『コイズミという時代』『くたばれ!自民党』(ともにアストラ)で自民党の責任を厳しく追及してきた著者による、新政権へのエール。あれから民主党は輝いてきたか。それを問うための一冊でもある。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/02/08

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2010/10/16Posted by ブクログ

      外交、防衛、そして原発。政権が自民党から民主党に移って何が変わったのか。変わらないから悪いとは単純に言えないし、実際問題としてそう簡単には変えられないのだろう。ついでに政治とカネの問題も。このままでh...

      続きを読む

    セーフモード