空に西郷星

草薙渉

440円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    空に西郷星が輝いていた西南戦争の翌年、琵琶湖上空に「黄金の龍が出現した」という目撃情報が『あさやけ新聞』に多数持ちこまれた。わけあって帝都を捨ててきた若き湯浅記者は、たまたま巡り合った剣豪次郎丸と二人して取材に出向き、噂が本物であったことを確認する。龍……。それは蝦夷地のさらに北に位置する幻の小藩、『北影藩』の卓抜した科学力が生み出した飛行する龍船だった。藩民五千の頂点に立つ香春姫の指図で拉致された二人は、龍船に乗せられ、謎に包まれた『北影藩』に連行される。その地で二人に課せられたこととは……。明治11年。大西郷と大久保卿に己の夢を託した二人の武士が巻き込まれる、波乱万丈、奇想天外の冒険ストーリー。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード