招かれざるシンデレラ

シャンテル・ショー 翻訳:深山咲

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    ようやくサルデーニャの古城にたどり着いたのは寒い雨の夜だった。まるで要塞のように冷たく堅牢な城を見て、ベスはおじけづいた。城の主がこの外観のように冷然とした人物でなければいいけれど。イタリア一の大銀行のオーナーであるチェザリオ・ピラスこそ、こうしてロンドンからはるばるやってきた理由なのだから。あいにく彼は不意の訪問客に迷惑そうな顔を隠そうともしなかった。だが、どこか暗い陰の漂う端整な顔立ちが魅力的なのは間違いない。ベスは腕の中の赤ん坊を抱き直した。見とれている場合じゃないわ。そして、早く用件を言えと促すチェザリオに、思いきって告げた。「ここに来たのは、この赤ちゃんがあなたの子供だからです!」

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/03/10Posted by ブクログ

      普通のR
      途中までは☆3だったけど、ラストでヒーローが絶望→強がり→殻に閉じこもりかける→やっぱり愛を請うことにするってあたりが切なくてすごく良かったので☆おまけ

    セーフモード