阿修羅

玄侑宗久

691円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    知彦の妻、実佐子に明らかな異変が現れたのはハワイの旅先であった。夫にもまったく知らない顔を見せる実佐子。急遽旅先に診療にむかった主治医杉本は、ついに解離の症状が本格的に現れたと診断する。自由奔放な知美、落ち着いた情緒の絵里・・・・異なる性格が現れる解離性同一性障害(DID)という、現代を象徴する難しい病理に切り込み、トラウマや記憶の奥から浮かびあがる心の闇に光を当てる意欲作。(講談社文庫)

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    3
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/09/17Posted by ブクログ

      解離性同一性障害について知りたくて読んでみた本です。小説なので話自体はフィクションであっても、あまりにもリアリティがないものも多い中で、この本は、本人、家族、担当医がそれぞれに悩みながら解明していこう...

      続きを読む
    • 2020/02/06Posted by ブクログ

      人の心の神秘をのぞくことができた。
      もしかすると記憶喪失というのも解離性同一性障害のために起こることなのかもしれない。
      人は自分の中に物語を作って納得させながら生きていくものだ。「こうだからこうなった...

      続きを読む
    • 2013/03/12Posted by ブクログ

      多重人格のお話し。もう少し深みというか複層的な作りにしたら面白かったに違いない。悪くないけど好みからは外れてる。

    開く
    [{"item_id":"A000096004","price":"691"}]

    セーフモード