【最新刊】挑戦 巨大外資 (下)

挑戦 巨大外資

高杉良

900円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    香山の厳正な財務手腕によって世界各地の現地法人の中でも高い評価を得るようになった日本ワーナー・パーク社。不正な降格を堪え忍んでトップに返り咲いたメル・グッツが確固たる経営基盤を築いたかに見えた本社も、交代した新CEOの野心ゆえに提携先だったライザー社からの敵対的買収を仕掛けられる!(講談社文庫)

    続きを読む
    提供開始日
    2012/12/28
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸
    • 挑戦 巨大外資 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      挑戦 巨大外資 全 2 巻

      1,800円(税込)
      18pt獲得

    レビュー

    • 2013/02/04Posted by ブクログ

      こういう生き方をしたい。邦銀にいると「ここ」でしか生きていけない気がする。放り出されても生きていける、そんな力をつけていきたいと思えた。自分に大きく影響を与えてくれた本。

    • 2012/12/30Posted by ブクログ

      外資で活躍する香川さんの話、後編。ちょっとみんな香川さんを褒めすぎのような気がするけど。。。皆さんがいうように、買収防衛のくだりはもうひと山欲しかったかな。
      100%子会社の日本法人のCFOがここまで...

      続きを読む
    • 2013/01/06Posted by ブクログ

      高杉良の経済小説好きなのだが、これは「外れ」かなあ。

      本業と無関係とは言わないが、内部のゴタゴタがひたすら書かれた感じ。
      人事をめぐっての足の引っ張り合い。

      うーん。いまいちだ。

    開く

    セーフモード