あっぱれ街道

倉阪鬼一郎

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    九歳の千吉が大手柄!一茶ゆかりの地・流山で悪党の化けの皮を剥ぐ。江戸の大火で悪党が近郊の野田、流山に移り、押し込み。のどか屋常連の大橋季川が味醂造りの秋元家の句会に招かれ、同行した千吉は……。旅籠付き小料理のどか屋の常連大橋季川は、のどか屋を常宿にしている江戸近郊流山の味醂づくり秋元家の句会に宗匠として招かれた。ただし江戸の大火で焼け出された悪党が近場の野田や流山に移り、押し込みを続けているという。のどか屋のあるじ時吉は、一人息子で満九歳の千吉、大橋季川と流山へと旅立った。秋元家は俳人小林一茶の後ろ盾だったという。本書に登場する小料理・青蕗の鯛皮八幡巻き ・伊勢豆腐 ・長芋の梅肉和え・穴子と胡瓜の酢の物 ・お宝煮(油揚げ袋煮)・西瓜糖・海老と若布の黄身酢 ・梅おかか焼き飯 ・豆腐焼き素麺

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード